ジェットスキー TPSP東京湾ツーリング みんなで守ろう安全運航

東京湾ツーリングを楽しく遊びたい方 必見!

桜も咲きはじめ。ジェットシーズンも開花ですね~!

tp02

そこで、毎年問題となっているジェットスキーのマナーについて少し考えてみましょう。

僕は関東地方在住なのでジェットスキーのツーリングと言ったら東京湾&湘南付近へ遊びに行きますw

東京湾は、東京湾特有の運河を走ったり有名観光地を海側から観光したりと楽しい場所なのですが、海外から来る大型船やタンカーなどが来るため海上交通安全法が厳しい場所でもあります。

住宅街などが立ち並ぶ運河等を走るため近年問題となっているのがジェットスキーのマナーです。

マナーが悪いと言われ続けていると今まで走れていた湾や河川が航行禁止になる恐れがあります。

騒音問題や優良ジェットスキー乗りがしっかりマナーを守って走っていたとしても一般的に見る方達の中には暴走していると思ってしまう人もいるのが現状です…涙

暴走なんてしてませ~ん…涙

でも一般の方には暴走している風に見えてしまうのですね…悩

そこで2015年3月に発足した

TPSP(Tokyo Pwc Safety Project)

東京湾・湾・河川 水上オートバイ安全運航推進プロジェクト

tp04

わかりやすく言いますと

講習を受けて『安全講習会修了証』を貰います。

ツーリング出発前に『安全講習会修了証』をTPSP加盟店(マリーナや販売店)で提示してビブスを借ります。

ビブスを着ていないと利用可能な係留・上陸施設、レストラン、給油所などで提示が必要となりTPSPメンバーでないと利用できない場所もあります。

安全運航はもちろんですが利用する施設が限られてしまう。必要でしょ!!!

TPSPとは

東京港・湾・河川 水上オートバイ安全航行推進プロジェクト(略称TPSP)は、東京港・湾・河川における水上オートバイの安全航行と健全な発展を目指し、水上オートバイ販売店やマリーナ、水上レスキュー団体などが集まり2014年に発足しました。

当該水域における水上オートバイ航行マップや自主ルールの作成に加え、2015年3月から、一般ユーザーを対象とした安全講習会を開催し、優良ライダーの育成と、安全航行やルール・マナー遵守の徹底をお願いしています。※強制や規制ではありません。

安全講習会について

水上オートバイユーザーに対し、東京港・湾・河川における安全航行への心構えやルール・マナーの遵守徹底のため、安全講習会を開催しています。

・受講資格:有効な特殊小型船舶操縦免許証(特殊)の保持者
・安全講習会参加費用:5000円(1人)
・安全講習会持ち物
有効な特殊小型船舶操縦免許証(特殊)
筆記用具

※安全講習会は、完全予約制です。

スケジュール確認と予約はコチラ

安全講習会修了証について

有効期限は5年です。

TPSPビブスを借りる際に提示が必要となります。

利用可能な係留・上陸施設、レストラン、給油所などで提示が必要となります。

20160330_211638

僕のです…画像悪るっ 汗

ビブスについて

ビブス貸出施設で貸出を行っています。

ビブス貸出施設の所在地別に色分けされています。

tp01

■TPSPビブスの色
山梨県:ホワイト
千葉県:レッド
東京都:ブルー
神奈川県:蛍光グリーン
埼玉県:蛍光イエロー
新潟県:蛍光オレンジ
群馬県:蛍光ピンク
栃木県:ライトブルー
茨城県:ネイビー
その他:ブラック

よくある疑問を解決~!

TPSPの目的や活動内容は?

東京ベイエリアは河川や運河が複雑に入り組み、また航行船舶や係留船舶も多く、水上オートバイで安全かつルールやマナーを守って航行するためには知識や経験、技術が必要です。

そのために必要な航行マップや自主ルールの作成に加え、2015年3月から、一般ユーザーを対象とした安全講習会を開催し、優良ライダーの育成と安全航行やルール・マナー遵守の徹底をお願いしています。TPSPの活動は強制や規制ではありません。

TPSP安全講習会を受講しないと、東京港・湾・河川で水上オートバイを降ろせない、もしくは航行できなくなりますか?

TPSPの活動は強制や規制ではありません。

TPSP安全講習会を受講しなくても当該水域を航行できますし、水上オートバイの上下架も可能です。

TPSP安全講習会受講者が当該水域を水上オートバイで航行する際はTPSPビブスを貸し出し、その着用をお願いしていますが、TPSPビブスを着用しないと航行できないということでもありません。

ただし今後、会員でないと水上オートバイの下架ができないというマリーナや上下架施設、TPSPビブスを着用していないと利用できない水上から立ち寄り可能な施設などができることも十分に考えられます。

TPSP安全講習会を受講しても、TPSPビブスを着用しないで航行できますか?

はい。

東京港・湾・河川では以前より、他の水域利用者や周辺住民から水上オートバイの航行ルール・マナーを問題視する声が高まっており、外側からはっきりと目に見える対策が強く求められています。

この点をご理解いただき、積極的にTPSPビブスを着用していただければ幸いです。

TPSPビブスはどこで借りられますか?

コチラにて、ご確認ください。

まとめ

誰でも気軽に遊べるジェットスキーだからこそマナーある安全運航に徹底して貰いたいですね。

僕も毎年、ツーリングに行きますがマナー違反や安全運航表示の見落としをしているジェットユーザーを見かけます。

ツーリングに行く前に少しでもいいので調べてみてはいかがですか。

リーダーとなる人が出発前にグループの皆に教えるのもいいですね。

自分達のゲレンデは自分達で守りましょう~

>>TPSP Tokyo Pwc Safety Projectはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする